氷見うどん

氷見うどん

氷見うどん(ひみうどん)は、富山県氷見市周辺の郷土料理である。
作り方は稲庭うどんと同じで竹によりながらかける手縫いで、油を塗らない。
ルーツは輪島のそうめんで、1751年(宝暦元年)に「高岡屋」が輪島から技法を取り入れて作り始めたとされる。
練った麺生地を手延べし、細く綾掛けした麺を昔ながらの「手延べ」の作業で引き延ばす。

氷見うどんの特長

麺は純白で細く平たい。餅のような粘りと、独特のこしの強さ。

氷見うどんの製法はコチラから