undon
2


大晦日に年越しうどんはいかがでしょうか?

年越しは運を呼ぶうんどん(うどん)で、「太く、長く」を願いましょう。

年越しうどんには、滋養強壮の「松の実」老化防止の「クコの実」

縁起物の「紅白かまぼこ」腰が曲がることから長寿のシンボル「海老」

風邪ひき予防に「生姜」の入ったあんかけでいただきます。

1  
古きよき慣わしがいまも受け継がれている京都。この古都は年越しに縁の深い所です。

京都市内では大晦日の夜、耳をすますとどこからか聞こえてくる鐘の音。

各寺院では参詣者も多く、除夜の鐘を撞いたり甘酒などを振舞ったりしている。

特に京都の清水寺では、年越しの除夜の鐘が有名です。

NHKなど様々なテレビでも取り上げられたり、今年の漢字を書く所を放送されたり。


そんな京都の昔ながらのうどんと言えば「あんかけうどん」です。

京都生まれの、お年寄りのお婆ちゃんに「京うどんを作って!」と頼めば

「あんかけうどん」を作ってくれるくらい、昔の京都の人はあんかけが定番でした。

しかし、観光地などで京都の特産品を売るために京野菜や湯葉などを入れ

揚げ(きつね)を刻んで入れたシンプルなうどんが定番になってきたのは最近の事です。


そんな京都の昔ながらの古きよき慣わしがいまも受け継がれている「年越しうどん」

「滋養強壮」「老化防止」「縁起」「長寿」を願ったのが、年越しうどんです。


12月31日限定で、うどんミュージアムでも召し上がる事が出来ます。

イベントや、初詣のお参りの前に、温まりに来てください!




Return to Top ▲Return to Top ▲