本日1月7日は、無病息災を願ううどん、七草うどんを食ることができます!


DSC01900
古代より日本では、年初に雪の間から芽を出した草を摘む
「若菜摘み」という風習があり、これが七草の原点とされています。
邪気を払い万病を除く占いとして食べます。
呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあります。

nanakusa
七草の薬効成分

せり・・・・消化機能や子どもの熱冷まし。

なずな・・・目の充血や視力の改善。

ごぎょう・・咳や痰を止める効果。

はこべら・・歯ぐきや胃の健康、母乳の出がよくなる。

ほとけのざ・胃腸や血圧を下げる、打撲や筋肉の痛みに効く。

すずな(かぶ)・・利尿や便秘。

すずしろ(大根)・・胃や腸を整えて消化を助け、コレステロールを下げる効果。



お腹にもやさしい七草粥ならぬ、七草うどんを食べてみてはいかがでしょうか


Return to Top ▲Return to Top ▲