長崎 五島手延べうどん

日本に初めて、うどんが中国より伝わった地が長崎県の五島列島だそうです。




「五島手延べうどん」の秘伝は、「塩と椿油」です。

左側(青)は通常の五島手延べうどん。右側(赤)は 麺1本1本に椿(つばき)油を擦り込んである麺だそうです。


麺は細くて、そうめんのようだ!


味はシッカリと、うどんだ。


麺は細く、麺自体に塩味がシッカリと付いている。


箸で掴むと、五島手延べうどんの麺の細さが分かる。


 

Return to Top ▲Return to Top ▲