食べると今年一年、悪い事がおこらない「耳うどん」


悪魔の耳を食べてしまえば

いわれは悪魔の耳を食べてしまえば家の悪いことが聞かれることなく
悪いことが起こらないからとか。
人の悪口を聞かないため気持ちよく過ごせるとか。

お正月に「耳うどん」を食べると今年一年、悪い事がおこらないとか。


耳うどんを食べて幸せに

今年一年、悪い事が起こらなければ良いですね~
お正月に初詣のお参りなどで様々なお願い事をされた方も多いでしょう。
何より、悪い事がおこらないのが大前提。
その上で良い事がありますようにとお願い事をされたのではないでしょうか。
まずは「耳うどん」を食べて、悪い事がおこらないようにしてから
自分の願いを叶えるようにするという意味でも「耳うどん」は必ず食べてください。

耳うどん(みみうどん)は、
佐野市仙波町に昔から伝わる、耳の形をした料理。
仙波町では、このうどんをお正月に食べるのが習慣になっています。
耳うどんは悪い神様の耳を意味しており、耳を食べてしまえば家の話を悪い神様に聞かれることがないから、
一年間悪いことが起こらない、つまり、魔除けになるといわれています。
また、耳を食べてしまえば悪口が聞こえないため、近所との交際が円満にいくなどの言い伝えもあります。


耳うどんの通販お買い求めはコチラから





Return to Top ▲Return to Top ▲