新メニューのご紹介です。


生うどん春巻き

20141010_142137


うどんミュージアムの新メニューは、生うどん春巻きです。

博多名物のかしわうどんの甘く煮込んだ鶏肉と
岩手県名物のニンニク味噌と新鮮野菜を、
さっと茹でた群馬県名物のひもかわの
生うどんに巻いてお召し上がりください。
ニンニク味噌をつけるとさらに味に深みが増し、食欲をそそります。


生うどんの春巻きと聞いて、まず思いつくのは、
うどんと具材を、生春巻きの皮でまいたものを思い浮かべることでしょう。
当館の春巻きは、生うどんで具材をまくという新しい春巻きです。

春巻きの皮として使用するのは、
群馬県の桐生地方に伝わる幅広うどん、ひもかわ。
まるで一旦木綿のように10センチ以上の幅です。
つるんとした喉ごしと、もちもちした食感が特徴です。
幅が広くて、お箸では持ち上げて食べるのはむずかしい珍しいうどん。
たたんでたべたり、そのままほおばったりと食べ方も様々です。

当館では、ひもかわをなまうどん刺身としてもご提供しています。
ゆでたひもかわをカットして、刺身醤油でいただくと美味しくいただけます。
ネギと、わかめを添えて、ご提供しています。
そして、生うどん贅沢セットというメニューもあり、
ひもかわとひもかわ生うどん刺身と大分県の昔から伝わる
スイーツのやせうまとのセットになっています。
こちらも生うどんを存分に楽しんでいただける品となっています。

春巻きの具材の主役は、かしわうどんの甘く煮込んだ鶏肉です。
しっかりと味が染み込んだ鶏肉はシャキシャキのレタスときゅうりと相性
がよく、ひもかわうどんのもちもちした食感ともぴったりです。

岩手県名物のニンニク味噌ですが、
ニンニクは香りもよく、滋養強壮にも効果があり、
栄養たっぷりで、食卓には欠かせません。
アリシンが含まれており、滋養強壮とさらに殺菌効果もあり、
感染病や、食中毒の防止にもなります。
美容にも、効果があり、ニンニクの有効成分は浸透性が高く
皮膚の表面からも効率よく吸収されるようです。
匂いが気になる時は、におい消しに牛乳やチーズ
などを食べると匂いが消えると言われています。
そんなニンニクと、同様に高血圧や動脈硬化を予防したりする作用がある味噌を
合わせることで、生活習慣病を予防することができるのです。

それぞれの地方の美味しさを凝縮した生うどん春巻きは、
日本独自の文化をも結束させたような新しい美味しさです。

うどんをお召し上がりする前に、サラダを食べる感覚のように、
今までにない、あたらしい春巻きを一度お召し上がりくださいませ。


Return to Top ▲Return to Top ▲