節分こそ年越しうどん!
2 節分とは?
節分は、古くは「せちぶん」と読み、立春・立夏・立秋・立冬の前日、四季の分かれ目を意味した言葉でしたが、立春の前日だけを呼ぶようになりました。
一般には、立春の前日を特に節分と呼ぶようになっています。

日本では、中国から太陰暦が輸入される以前、昔の自然暦の時代には、現在のような太陽暦はなく、すべての生き物が生まれ出る春が年の始めと考えられていました。
その時代には、立春が一年の最初の日で、その前日の節分は一年の最終日でした。

そのため、節分の行事は基本的に大晦日と同じ性格をもった年迎えの行事で、地方によっては節分を「年取り」「年越し」と呼ぶならわしが今でも残っています。

節分は除夜から正月へ移る年の境目と同じように年の改まる日と考えられており、年取り・年越しともとも呼んでいます。

節分は年越しという事や、春の農耕始めに先立つ折り目という事から物忌みする例もかつてみられたそうです。

そこで旧暦の年越しの節分に”年越しうどん”を食べましょう!

1 年越しうどん
年越しうどんには、滋養強壮の「松の実」老化防止の「クコの実」

縁起物の「紅白かまぼこ」腰が曲がることから長寿のシンボル「海老」

風邪ひき予防に「生姜」の入ったあんかけでいただきます。

「滋養強壮」「老化防止」「縁起」「長寿」を願ったのが、年越しうどんです。

実施期間
2月1日~3日まで

3日間限定の節分年越しうどんをぜひ食べに来てください!


Return to Top ▲Return to Top ▲