tosiake-01

うどんは、太くて長いことから、古来より長寿を祈る”縁起物”として食べられてきました。

「年明けうどん」は、純白で清楚なうどんに”紅”を添えて、年の初めにたべることにより、
その年の人々の幸せを願うものです。


tosiake-02



「年明けうどん」とは、元旦から1月15日までに食べるうどんのことで、
うどんに紅いトッピングなどを添えます。

当館では、純白のおうどんに【紅】に梅干しを
風邪予防の大根おろしと大葉とネギを添えました。

一年の健康と幸せを祈りながら「年明けうどん」をお召し上がりください。


Return to Top ▲Return to Top ▲