himi himi02

氷見うどんのルーツは、今は幻の能登輪島そうめんと言われ、室町時代まで遡る。
当時の最高級品は「白髪そうめん」と呼ばれ、江戸時代、手延べの技が氷見に伝わったのが始まり。
加賀藩や京の公家への献上品・贈答品として全国に知られていた。

himi03

季節やその日の気候に応じて、麺生地の水や塩加減を調節しながら生地を踏む「足踏み」を繰り返し、練り上げた麺生地を綾掛けして引き伸ばす「手延べ」。
油を使わずに仕上げる。

himi04

冷でも温でも美味しく召し上がっていただけます。
溫かい麺でも、必ず麺を茹で上げた後、冷水で良く洗い、麺を引き締めます。
つけ麺、温、釜上げ、煮込み等いろいろな食べ方がある。


皆様からのご要望が高かった富山県の氷見うどん。
当館の飲食コーナーに先駆けて物販と通販での販売を開始いたします。
富山でしか味わえなかった氷見うどんが身近で味わうことができます。
ぜひ、この機会にご堪能ください。

Return to Top ▲Return to Top ▲