2012年12月12日(水)
報道関係各位
一般財団法人 うどんミュージアム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
うどん食文化に関する博物館・全国のご当地うどんが食べられる飲食店をオープン致します。
- 全国の45種類以上の文化と伝統あるうどんの麺、歴史、食べ方、具材、出汁などを展示した博物館に加え、
ご当地のうどんが食べられる飲食店。 -

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

うどん食文化に関する博物館・全国のご当地うどんが食べられる飲食店を手掛ける、
一般財団法人 うどんミュージアム(所在地:京都市東山区祇園北側238-2、)は、
うどん食文化に関する博物館・全国のご当地うどんが食べられる飲食店を、
2012年12月22日(土)AM11:00 よりオープン致します。

付きましては、2012年12月21日(金)PM15:00より報道関係者を集めたプレス向け記者会見を行います。
ご興味をお持ちの報道関係者の方々は、ご参加宜しくお願い致します。
(レセプションにて、実際にうどんを食べていただく事も可能です。)

■うどん食文化に関する博物館・全国のご当地うどんが食べられる飲食店


【背景】
・うどん文化と伝統の継承を目的とする。 
・地域のうどん文化を通し、その地方を活性化していく。
・海外に日本の文化である「うどん」を発信していく。


【博物館・サービスの概要】
・博物館は、全国の45種類以上の文化と伝統あるうどんの麺、歴史、食べ方、具材、出汁などを展示

・飲食店部分は、45種類以上のご当地の様々な、ミニうどんが食べられる。

・売店部分は、全国から取り寄せたご当地のうどん100種類以上のお土産うどん(乾麺)を販売。

・場所は京都・祇園の中心地 四条縄手交差点の北東2件目。

・延床:393.82平方メートルを使い、京町家を改装した古風なイメージの品位高い造りになっております。

<3つの特長>
1:全国の45種類以上の文化と伝統あるうどんの麺、歴史、食べ方、具材、出汁などを展示
食品サンプルにて、全国のうどんの麺の形状・太さ・色・長さ等の違いを目で見て楽しめるものを展示。

2:ご当地へ行かなくても、45種類以上の全国のご当地ミニうどんが食べられる。
ご当地の有名店から取り寄せたもの等、多数のミニサイズのうどんが食べられます。
様々な種類のうどんを食して頂くために、通常の半分程度の丼で提供致します。
大人の女性なら2杯。男性なら3杯は食べて麺や出汁の違いを楽しんでいただけます。

3:全国のから取り寄せた、お土産うどん(乾麺)の販売。
北は北海道から、南は沖縄まで、全国のご当地のお土産うどん(乾麺)を販売しております。
店頭で購入、又、ホームページからも購入していただけるようになっております。


【今後の展望】
100年後も日本の古来からの、うどん文化と伝統を後生に引き継ぎ継承していく。
まだまだ知られていないご当地のうどんを紹介し、地域活性化に貢献する。
博物館でご当地のうどんを見て、食べて、知っていただき、ご当地へ行ってもらい地域のうどん店、関連の方々の活性化の協力を致します。


【一般財団法人 うどんミュージアムについて】
博物館:〒605-0073 京都市東山区祇園北側238-2
設立:24年10月11日
Tel:075-531-0888
Fax:075-531-0889
URL:http://udon.mu/
事業内容:うどん食文化に関する博物館・全国のご当地うどんが食べられる飲食店

【本件に関するお問い合わせ先】
一般財団法人 うどんミュージアム
TEL:075-531-0888
Email:info@udon.mu

Return to Top ▲Return to Top ▲