年越しうどん

1年の締めくくりに食べる年越しそばとは。
「健康長寿」「家運長命」「人生はそばのように細く長く生きるという意味で食べる。」などの
縁起をかついで食べるという風習が広まったのが江戸時代中頃と言われています。
 
しかし、細く長く生きるという意味ならばラーメンでもソーメンでも良いではないですか?
なぜ、そばにこだわるのでしょうか?
調べてみると
・他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」という意味もあるのだそうです。
・そばが切れやすいことから、1年の苦労を切り捨てようとして食べるという説も。
・そばは風雨でたれても日に当たるとすぐに立ち直る植物なのでそれにあやかってという説も。
 
年越しうどんには、運を呼ぶ「うんどん(うどん)を食べて「太く長く」を願うといいます。

あなたは、年越しうどん派?そば派?




「年越しうどん」について詳しくはコチラ!

Return to Top ▲Return to Top ▲